<< 窯出し→素焼き→釉掛け、窯詰→本焼きを3日間で! | main |

スポンサーサイト

0
    • 2012.12.21 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    コンポンチュナンの竹かご

    0


      先週末プロジェクトでも出店していた一州一品物産展の
      コンポンチュナン州のブースで見つけた竹かご。
      もともとこうした竹かごの産地であることは知っていましたが、
      こんなにカラフルで多様なものは見たことがありませんでした。
      しかも安い!

      普通のかごなら$1.5程度、ちょっと手の込んだ蓋物でも、
      $2.5くらいで手に入ります。

      これ、陶器を販売する時のボックスに使えないかな…

      このブースを見に行ったみんながそう思いました。

      で、今日、早速このカゴの制作に携わっている団体を訪問。



      立派なショールームが用意されていました。

      中に入ると、コンポンチュナンの特産品をイメージしたディスプレイ。
      色とりどりのカゴに交じって、
      陶器やクロマーなども陳列されていました。

      コンポンチュナン焼をコンポンチュナン産のカゴに入れて売る。

      アイデアとしてとても良いじゃないですか!

       

      かごの形態もバリエーションがあるし、
      竹だけでなく、椰子の葉で作ったものもあります。

      販売促進のための営業ツールも、
      これから色々と考えて行かなければ…。

      今回の渡航では、営業に関する細々としたことを
      色々と決めてきました。

      村人たちの利益配分や、小売店との条件や契約内容、
      また、販売に際して必要となる様々な印刷物や、
      営業ツール…

      思った以上に決め中ればならないことが
      次から次へと湧き出てきました。

      今日、僕はまた帰国してしまいますが、
      残ったメンバーに後を託して、連絡を待ちます。

      後、よろしくお願いします!!

      しん。


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.12.21 Friday
        • -
        • 07:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        初めまして。
        カンポンチュナンでカンボジアの子供たちのための学校に10年ほど関わっています。
        カンポンチュナン焼きの陶芸の技術指導、開発を自分のことのように嬉しく思っております。

        この竹かごもいいですね〜。

        お店?ショールーム?製造拠点?の具体的な所在地を教えていただけるでしょうか?

        今(2017年3月)も継続してあれば いいのですが。
        昨年のカンポンチュナンの小さなバザールで、この竹かごを見かけて購入しました。
        • 南出 明子
        • 2017/03/24 4:57 PM
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM